赤ちゃんのためのベビー用品選びをサポートする情報サイト

ベビー用品を賢くリサイクル

中古ベビー用品の基本的な選び方とお勧めの使用法

祝いの品である上に、赤ちゃんという採算を度外視してでもいいものを送りたい対象のための品であることが重なったことで、ベビー用品の多くは高額な上、ブランド品に至っては、かなりの高値がつきますが、中古品で代用できれば経済的負担は大幅に軽減できるのではないでしょうか。

ベビー用品を中古品で代用しよう

ベビー用品は新品中古を問わず、使用する期間が限られている上に消耗品が多い傾向にあることから、赤ちゃんのために欠かせないおしめやミルクのような必需消耗品とそれらへのサポート機能を持った消耗品群を除くと、使い捨ての消耗品と割り切ってしまった方が、精神的に楽ですし、将来的なおさがりとしての再利用を考慮したがために物を溜めこむ結果を招くような事態も防げます。

そのため、中古のベビー用品を選ぶのであれば、衛生を確保したい肌着や哺乳瓶の乳首・おしゃぶり以外の消耗品を選ぶのがセオリーで、肌着を新品のもので統一し上着は中古品を利用したり、新品の哺乳瓶の乳首と中古の哺乳瓶を組み合わせたりといった利用ができる他、大型な上に赤ちゃんによっては使用しないベビーベッド、赤ちゃんがハイハイ移動して怪我をするのを防止する対赤ちゃん用のバリケード、新品での購入は高額なベビーカーなどが基本的な候補となるでしょう。

特に、大型で場所を取るベビーベッドや対赤ちゃん用バリケードは、ベビーグッズの中でも使用期間が一際短いことから、中古品の方が気兼ねなく処分できますし、ベビーカーのような使用頻度が高いにもかかわらず高額傾向のベビー用品は安価な中古品に頼ってしまった方が、その分を赤ちゃんの将来のための積み立てや別のベビー用品の購入費用に回す余地が出てくるはずなので、大きめのベビー用品は中古で済ませ、口に入れたり肌に触れたりすることになるベビー用品を新品で揃えるのがお勧めです。

メリットとデメリットを踏まえた中古ベビー用品の狙い所

親族や知人であれ見知らぬ第三者であれ、新品ではない中古品は安価なものの、衛生面での不安が拭えず、赤ちゃんの健康リスクを避けるべく敬遠されることも少なからずありますが、購入後使用されないまま売りに出された、未使用中古品を利用すれば衛生面のリスクに限ってはかなりの抑制が望めるはずです。

中古品特有の衛生面への懸念と対策

未使用中古品を中心に購入することで衛生面のリスクを抑えつつ安価でベビー用品を揃えることも不可能ではありませんが、どうしても未使用中古品が見つからない場合もあれば、新品のベビー用品を購入した方が良いものもあるので、衛生対策と併せて触れていきます。

TOPへ戻る